廃棄物処理コストの適正化

(排出事業者向けサービス)

サービスイメージ

サービスイメージ

 

廃棄物処理に関する委託費用が適正かどうかは処理方法や廃棄物の組成、地域相場など様々な要因により判断する必要があります。

 

根拠の無い値下げ要請では処理業者のサービス低下をまねく恐れもあります。コストの適正化のためには交渉のための材料をしっかりと準備するとともに、排出事業者側も何ができるのかを共に考え進めるパートナーシップが不可欠です。
sp

委託費用の構成
sp

調査
フローイメージ

1.調査

委託費用を構成するそれぞれの要件・データを調査し、検証に必要な材料を洗い出します。特に排出量、選別状況などについては実際に廃棄物調査を行い、正確なデータを把握します。
kansa-ya

2.検証・判断

委託費用を構成するそれぞれの要件・データから、適切な委託費用を検証します。また、排出者側でも選別方法、排出頻度の見直しや作業環境の改善など、コスト適正化のために実施可能な施策を検討します。
kansa-ya

3.交渉

明確な根拠に基づき排出事業者と処理業者の双方が納得行く形で交渉を行います。
また急な切替などもしもの事態に備えた対応も併行して進めます。

お問合せ
▲ページのトップへ戻る